石のまち大谷には,自然がつくり出した凝灰岩が広く分布し,長い歳月にわたって石と人間がかかわることにより,独特の景観が生み出されてきました。
 ここで産出される石は大谷石と呼ばれ,その時代の人々の用途に併せ加工され利用されてきました。これらの大谷石は現在の人々の生活の中にも息づいています。
「石のまち大谷の景観」リーフレット(PDF)